今年初フライ

2017年02月04日 22:36

 
オイカワ用のフライをいくつか巻きました。

DSC_2999.jpg

パラシュートと呼ばれるタイプ
水平に巻かれた鳥の羽根が水面に張り付き、虫の脚のように見えるとか見えないとか

DSC_2983.jpg

DSC_2969.jpg

名前はわからないけど自己流のよく釣れるタイプ。
白い部分が浮力を持って浮くのと、水面でフライを見失わない為の目印にもなります

上がボディにクジャクの羽を巻いたタイプで、写真では分かりませんが虹色に光ります
下はボディに毛糸をぐるぐる巻きつけてデブにし、ブユやハエなどの虫っぽくしてみました。



DSC_3028.jpg

特にイメージはありませんが、なにか水生昆虫に見えなくもないタイプ。
エルクヘアー(鹿の毛)でしっぽを作りました。



巻いたフライを持って、今年初フライフィッシングに行ってきました。

IMG_6426.jpg

冬になり水温が下がってから初めてのフライフィッシングですが、普通に釣れました。それでも秋よりは活性が低いです

IMG_6427.jpg

上で紹介したデブフライにきました

IMG_6428.jpg

この日最大。パラシュートに食ってきました


IMG_6421.jpg

水生昆虫っぽいやつはというと、失敗作でした
水面にあるフライをパシャっと食べるのですが、しっぽのエルクヘアーが邪魔をして、魚が食うものの全く針掛りしません。
たぶん口に入っていないのでしょう。唯一かかったのがオイカワの稚魚でした

イワナ・ヤマメなどの渓流魚ならこのタイプでも食べるかもしれませんが、口が大きく開かないオイカワには、硬い素材で装飾しすぎは禁物ということを学びました。


 

タイイング

2016年11月27日 11:20

 

最近始めたフライフィッシング、使用するフライを自分で作るのが魅力のひとつです。
フライを巻いて自作することを、タイイングというそうです

IMG_6042.jpg

エルクヘアカディスというパターンです
作るのが簡単で、浮力も強いのでよく使います。
ただ、作り方が悪いのかもしれませんが耐久性が低く、10匹釣ると白い部分の鹿の毛が抜けてぼろぼろになります

IMG_6028.jpg

ハスに壊されて原型がありませんが、上の写真のエルクヘアカディスで釣れました

IMG_6027.jpg

壊される前に釣れたカワムツです

まだフライを作るのがヘタクソなので綺麗に完成しませんが、それでも普通に釣れます。


IMG_6038.jpg

こっちはCDCダンというパターンです。白い部分にCDCという水鳥の羽毛を使ってます
白い部分が水面上に浮き、胴体と針は水面直下に沈みます

IMG_6039.jpg

同じくCDCダンの色違いです。胴体の形もちょっと変えて、毛も生やしてみました。


IMG_6030.jpg

IMG_6035.jpg

IMG_6032.jpg

この日は赤い方によく食ってきました。
CDCダンは作るのが大変なのでですが、その分釣れると嬉しいです


 

ハス

2016年11月08日 21:40

 
IMG_5921.jpg

フライで、ちょっと大き目のハスが釣れました
目の前でオイカワを食っていたやつです

IMG_5926.jpg

体は完全にオイカワなんですが、取って付けたように顔が違いますね
川の速い流れの中でももの凄い泳ぎで魚を追う、かっこいい魚です。
 

神秘

2016年10月10日 22:49

IMGP0120.jpg
以前から不思議だった、謎の抜け殻

形からしてカゲロウの仲間であろうとは思ってましたが、水辺ではなく家の網戸やコンビニの窓についてます。
カゲロウっていうのはトンボみたいに水辺の草や石にしがみ付いて羽化するんじゃないんでしょうか?
あげくの果てにはマンションの7階ベランダについているのを発見してしまい、カゲロウの幼虫が水から這い出て20mも壁を登るはずが無いと思い調べてみました。

カゲロウの仲間には、亜成虫という段階があるそうです。
水中生活の幼虫期と空を飛ぶ成虫期の中間ステージで、他の昆虫でいう蛹にあたるが飛行することが可能。 ということだそうです。
同じく水中生活から飛行へ変化するトンボの仲間は不完全変態で成虫になるのに、なんでカゲロウだけ亜成虫のステージをもっているんでしょうか。昆虫は本当に奇妙な生態をたくさん持っていて面白いです

恐怖

2016年06月19日 19:15



ウロコアリ


先日、森を歩いていたら本体部分が1cmはある大型のザトウムシと遭遇し、戦慄しました。

最初はデカいダニだと思ってよく見たらザトウムシで、がっつり目が合ってしまい危ないので走って逃げました。
帰ってから余りのキモさに泣きながらイメージ検索して調べましたが、みんな似ているのと怖くてよく見なかったので種類は分かりませんでした。
割と脚が太短くてカニみたいな奴でしたが、キモかったので多分新種だと思います