FC2ブログ

レプタイルズショー2010

2010年08月11日 22:49


レプショーには猛禽類を初めとした鳥がくるわけですよ
当然私は爬虫類よりも鳥に目が行くわけで、写真も爬虫類よりも鳥の方が圧倒的に多くなるわけです。

というわけで、レプショーで見た鳥の写真です。



DSC_0714.jpg

どこでも人気のフクロウ
確かにこういう風に身を寄せ合ってふわふわしたり真ん丸の目で見つめてくるのはたまらなくカワイイです
でもフクロウはよく知らないので種類は忘れちゃいました

DSC_0746.jpg

たぶんアフリカワシミミズク?? 違ってたらごめんなさい
ワシミミズクはフクロウの中でも個人的に最も好きなグループです。
特にベンガルワシミミズク あれは至高のワシミミズクですね
CANONのCMで飛んでる格好良いあの鳥です

DSC_0688.jpg

終始触られまくっていたアメリカチョウゲンボウ まあこれはアメチョウに限らずですが
昼ごろに会場内の天井付近でアメチョウらしき鳥がバタバタ飛んでました 室内とはいえどツインメッセくらい広いと回収が大変そうですね

DSC_0859.jpg

DSC_0873.jpg

いかにもひ弱そうなシギの類
¥128000が高いのか安いのかまったくわからなかった


DSC_0728.jpg

チョウゲンボウも何羽かいました
やっぱりチョウゲンボウはイイ!!

DSC_0779.jpg

ワシタカの中では最もペットに向くともいわれるハリスホーク
大きさ、性格などなどすべての猛禽からいいとこ取りをしたような鳥ですね
フンを後ろに飛ばすとこ以外はパーフェクトです



DSC_0900.jpg

私的今回一番の目玉であったセイカーハヤブサ
セイカーハヤブサは外国産のハヤブサの仲間で、たぶん中東とかその辺に住んでます(適当)
初めて生でみたんですが、予想してたよりも2回り程大きかったです。 日本にもいるハヤブサのペレグリンの1.5倍はあるのでは? ってペレグリンも近くで見たこと無いから分からんのですが

DSC_0916.jpg

ハヤブサの仲間は、移動の際や今回のイベントのように大勢の人が来る時にはこんな風にフードを被せて落ち着かせてあげるのが常です
なんで同じハヤブサの仲間なのにチョウゲンボウがフード無しでいいのかっていうとセイカーやペレグリンなどの大型ハヤブサと違いチョウゲンボウは凄くいい子なのでフード無しでも暴れたりしないからです。

しかし1日でこれだけの数と種類の猛禽を見れて実に面白かったです。
相変わらず野生の猛禽類はまったく発見できてないんですが、たまにはこういった展示されてる鳥を撮るのもおもしろいな~とか思いました。 というわけで近日中に動物園行って来ます



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eithan.blog108.fc2.com/tb.php/151-1f5c0614
    この記事へのトラックバック