FC2ブログ

落とし主不明

2011年02月06日 20:12

皆さん鳥見やヘビ探しでフィールドを歩いていて、きれいな鳥の羽が落ちていたら、拾うじゃないですか
で、そのうち羽を集めるのが楽しくなってきて、気づけば羽のコレクションがだいぶ増えてたりするじゃないですか
私もそんな羽コレクターの1人でして、状態の良い羽を見つけると持ち帰って洗浄して保管しているのですよ。

でも、何か特徴的な模様でもない限り1枚の羽だけから鳥の種類を判別するのは難しいものがあります。
そんなときに役立つのがコレ!


CIMG0177.jpg

羽。
様々な種類の鳥の羽根の図鑑です
風切りや尾羽からなにまで各部の羽根が種類別に273種類掲載されています。



森で拾った落とし主不明の羽根を探してみると・・・

CIMG0170.jpg

CIMG0169.jpg

トラツグミ しかも初列風切のP6でした! と判明するわけです。
羽根は全て原寸大の写真で掲載されているのでこのようにピッタリ照合できます


同じ要領で去年の秋の石垣島で拾ってきた謎の羽根を調べてみると・・・

CIMG0176.jpg

CIMG0172.jpg

なんとリュウキュウコノハズク! 確かにこの羽根を拾ったのは林道の中で、夜はリュウキュウコノハズクの鳴き声が聞こえていました。やったね!


・・・といった具合に鳥の種類を判別することができるわけです。これは便利!!

今回はこの2種だけでしたが、次回は皆さんお待ちかね、私の羽根コレクションを紹介したいと思います。

関連記事


コメント

  1. hiro | URL | -

    うわ…凄く楽しそう。
    合致した時のワクワク感が凄そうですね。

    この本持ってたら嫌でも羽コレクターになるでしょうねw

  2. えいざん. | URL | -

    そうなんです!一致した時の快感が最高なんです
    何の羽根か判っていても一応照らし合わせてみて、写真の横に並べてニヤニヤするわけですよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eithan.blog108.fc2.com/tb.php/279-25b1e70a
この記事へのトラックバック