FC2ブログ

魔改造

2011年03月27日 21:38

以前書いたように、私が愛用しているカメラはニコンのD90です。
3月11日の地震と津波の際にも、カメラ・レンズ一式と双眼鏡だけは持っていたので被害を免れたわけですが、その後の長い避難生活を記録しているうちにバッテリーが無くなってきてしまいました。
当然充電器など持っていないので一時は撮影をあきらめたのですが、いろいろあって運良くD40の充電器を借りることができたのです。


DSCF1356.jpg

D90のバッテリーとD40の充電器
D90のほうがバッテリー自体が大きいので物理的に充電器には入りません。・・・・が、


DSCF1357.jpg

じゃーん 充電の端子自体は、+、-、S と共通しているようなのです
これを見て思いつく事は一つ!


DSCF1359.jpg

じゃーん 各端子を銅線で繋ぎ、ビニールテープで固定しました。どうみても爆弾です。

これを車のACアダプターに繋げて充電開始!ちゃんと充電ランプが光って充電されている模様です
1時間位やったところでバッテリーを外してD90に入れてみると・・ 一瞬液晶ディスプレイが表示されすべての項目が光ったかと思うと、次の瞬間表示が完全に消えてしまいました。 本来なら電源を切っていても残り撮影可能枚数が表示されるのですが、それすらもありません。
もしかして壊れた!?と思い、様子見のため1晩放置してみましたが、翌朝になっても動かず。。 結局その後D90が作動することはありませんでした。

後になって調べてみると、D40とD90では電圧だの何だのの差があるために同じ充電器は使えないとのこと。一時的に電圧が狂ったバッテリーがカメラに入った為にショートしたような状態になったのではないか と判定されました
あまりに早く使おうと急かしたばかりに、自分でカメラを壊してしまったのです

去年の夏から今まで、降雪の中でイヌワシを撮ったり-40℃のカナダで振り回したりと沢山の生き物と風景をほぼ毎日のように撮影してきたD90ですが、私の無茶な充電によってついに動かなくなってしまいました。
ここまで散々な酷使に耐えてきてくれ、津波も共に生き延びたD90にお礼を言って、これからは部屋に飾っておきたいと思います


DSC_0124_20110327181348.jpg
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eithan.blog108.fc2.com/tb.php/354-236f0d14
    この記事へのトラックバック