FC2ブログ

漂流物

2011年11月09日 21:11

 
ある日、おじいさんが海で釣りをしていると、どんぶらこ~どんぶらこ~とタヌキが流れて来ました。

タヌキは意外にも安定した泳ぎで回遊していましたが、高い堤防に阻まれて上陸できず、明らかに困っていたのでおじいさんはたまたま持っていたランディングネットでタヌキを陸揚げし、助けてあげました。

DSCF1505.jpg

さっそく家に持ち帰りタヌキを半分に割ってみると、中から小さいタヌキが大量に… ではなく、
タヌキを堤防に上げてやると、怯えているのか寒いのか最初は動かなかったものの、暫く離れて見ていると元気になったのかどこかへ逃げていきました。泳いで。


この数時間後、港内にマグロが現れ(まじで)、イワシを追いかけて大暴れしていたのですが、さっきのタヌキを助けないで泳がせとけばマグロvsタヌキという異種格闘技戦が見れたかもなと、少し黒い考えをしてしまうおじいさんでしたが、良い事すると気持ち良いなぁ~とほっこりしながら帰路についたのでした。

             めでたしめでたし



関連記事


コメント

  1. ちこ | URL | GOb6M/sw

    写真がなかったらにわかには信じがたい壮大な冒険ファンタジースペクタクル浪漫活劇ですが、実話とは・・・
    えいざんさんは色々面白い体験をされていてほんとうらやまし尊敬です!

    マグロを仕留めたオチはないのですか?!
    一眼レフに麻酔針が仕込まれてるとか、キック力の上がるシューズで
    テトラポットの破片をマグロにブチ込んだとか
    本当に出来そうなところが素敵です

  2. えいざん. | URL | -

    マグロに時計型麻酔銃を打ち込んでやったのですが、マグロは寝ていても泳ぎ続ける魚なのでぜんぜん効果ありませんでした

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eithan.blog108.fc2.com/tb.php/487-4d3b3e7c
この記事へのトラックバック