今年初フライ

2017年02月04日 22:36

 
オイカワ用のフライをいくつか巻きました。

DSC_2999.jpg

パラシュートと呼ばれるタイプ
水平に巻かれた鳥の羽根が水面に張り付き、虫の脚のように見えるとか見えないとか

DSC_2983.jpg

DSC_2969.jpg

名前はわからないけど自己流のよく釣れるタイプ。
白い部分が浮力を持って浮くのと、水面でフライを見失わない為の目印にもなります

上がボディにクジャクの羽を巻いたタイプで、写真では分かりませんが虹色に光ります
下はボディに毛糸をぐるぐる巻きつけてデブにし、ブユやハエなどの虫っぽくしてみました。



DSC_3028.jpg

特にイメージはありませんが、なにか水生昆虫に見えなくもないタイプ。
エルクヘアー(鹿の毛)でしっぽを作りました。



巻いたフライを持って、今年初フライフィッシングに行ってきました。

IMG_6426.jpg

冬になり水温が下がってから初めてのフライフィッシングですが、普通に釣れました。それでも秋よりは活性が低いです

IMG_6427.jpg

上で紹介したデブフライにきました

IMG_6428.jpg

この日最大。パラシュートに食ってきました


IMG_6421.jpg

水生昆虫っぽいやつはというと、失敗作でした
水面にあるフライをパシャっと食べるのですが、しっぽのエルクヘアーが邪魔をして、魚が食うものの全く針掛りしません。
たぶん口に入っていないのでしょう。唯一かかったのがオイカワの稚魚でした

イワナ・ヤマメなどの渓流魚ならこのタイプでも食べるかもしれませんが、口が大きく開かないオイカワには、硬い素材で装飾しすぎは禁物ということを学びました。


 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://eithan.blog108.fc2.com/tb.php/698-2ccadb19
    この記事へのトラックバック