FC2ブログ

オオハリアリ

2015年12月27日 20:31

 
DSC00282.jpg

どうしょうもない写真ですが、オオハリアリです。

今の時期でも外で活動しているのを見かけるので、寒さに強いアリなんでしょう
`オオ`ハリアリとはいっても小さいアリなので、観察する為に日帰り出張してもらいました。
こういう小さいアリを見るときはワーカーを数匹連れ帰り、ルーペで観察、最後におみやげとして昆虫ゼリーを与えて巣に帰すようにしています。
採集場所が遠かったりして拉致から時間が経過してしまうと、巣に帰っても匂いが薄れ攻撃されてしまうかもしれません。なのでそのまま飼育します。

DSC00281.jpg

頭に何かくっ付けて歩いているワーカーがいたので拡大してみると、腹部の無い小さなアリのようでした

オオハリアリが4-5mm程度なので、ヒメアリなどの超小型種とケンカして触角に噛み付いたまま死んだんでしょうか。
以前、触角や脚に3つも小型アリの頭をつけたまま普通に歩いているクロオオアリを見たのを思い出しました。
歴戦の傷って感じで格好良いです。邪魔そうですが
 

クロヤマアリ飼育開始

2015年07月22日 18:43

 
7月頭に結婚飛行したクロヤマアリ新女王

DSC00227.jpg

すぐに卵をうんで、マユができて

DSC00232.jpg

無事、最初のワーカーが誕生

クロオオアリの初期ワーカーよりも、更に小さい。
クロオオアリがいないような都会にも生息しており、自分の中では最もよく見かけるThe日本アリという感じです
真夏のアスファルトの隙間に巣があったりするのを見ると、乾燥にも強くて逞しいアリなんだと思う。

トビイロケアリ

2015年06月15日 16:29




大型のアリしか飼育した事が無かったので、小型種の飼育にも手を出してみました。
4月に雑木林で石をめくったらいたトビイロケアリです。女王+ワーカー10匹程で小さい石の下に住んでいたので、去年結婚飛行の2年目コロニーかと思われます。



既に幼虫と繭が多数ある上に、採集の翌日から産卵しています。
トビイロケアリは多産で有名なアリで、どんどん増えるらしいので楽しみです。


アギトアリの狩り

2015年05月16日 18:43


アギトアリがシロアリの羽アリを食べる所を動画にしてみました。
顎を閉じる時、パチンという音がします。




アギトアリ

2015年05月11日 20:17




顎を閉じる時のスピードで有名なアギトアリですが、生息地と言われてる場所以外にも全国にポツポツと分布しているようで、昨年、幸運にも新女王の結婚飛行が行われる場所を見つけました。

新女王の飼育に挑戦してみたのですが、コロニーができるまでには至りませんでした。飼育が難しいと言われるアギトアリですが、やはりチャレンジするだけの魅力に溢れた種です。




これが



こうなります
なかなかロマンあるギミックです。


顎を使った狩りも独特ですが、長い脚で体を高く持ち上げてユラユラと滑らかに歩く姿など、他のアリには無い魅力が沢山あります。




色々なアリの飼育に慣れたらまたコロニー設立に挑戦してみたい種です。